マンションを査定してもらって売り出し価格を決定

不動産会社によって得意とするジャンルが異なる

不動産物件の売買が経験が豊富な不動産会社では、その価格の根拠もしっかり教えてくれます。
不動産会社によって得意とするジャンルが異なることもあるのです。
一戸建ての物件を得意としているところもありますし、高級な価格帯の物件を得意としているところもあります。
自分が売却使用としている物件を得意としているところに依頼するのが、確実に売却する近道になります。
それから何度か不動産会社とやり取りをすることで、大体売却できそうな価格も判断できるようになってきます。
マンションの査定でポイントになるのは、社会のニーズに合っているかどうかです。
例えば、再開発が進むエリアでは人口が増加するので、不動産の需要も高まります。
当然、価格も高くなりますし、場合によっては購入した時よりも高くなることもあります。
その反対に高齢化が進み、若い世代の人気が低下しているエリアでは買った時の価格よりも大きく値が下がってしまったという人もいます。
また、一戸建てとは違って最寄り駅からの距離も非常に重要なポイントです。
戸建住宅の場合には、子育てや買い物など生活環境を重視していることが多くあります。
マンションの場合には通勤など利便性を重視していることが多いので、駅から遠い立地はあまり人気がありません。
それから単純に駅から近ければいいというわけではなく、駅自体の魅力も大きな影響を与えます。
複数の路線が使える利便性の高い駅は人気がありますし、駅周辺の町並みが再開発などで整備されているといったことも高評価のポイントです。
駅前が繁華街になっていて騒々しい時には、駅から少し離れた住宅街の方が評価が高いこともあります。
大型のショッピングモールなど買い物に便利な商業施設があることも評価を高めるポイントです。
間取りも昔は部屋数が多い間取りが人気でしたが、最近では家族構成の変化などもあってさほど重要視されていません。

売れるまでに1年以上かかることも少なくない長く買い手が付かない状態が続くと、資産価値は下がる不動産会社によって得意とするジャンルが異なる